ロナンのキャラクター紹介とスキル詳細などまとめ

◆ロナンのツム画像とキャラクターの基本設定◆

ロナン・ザ・アキューザーのツム画像.jpg

入手方法:バトルでロナンを倒す。ドロップ確率は○%程度。

ツムスコア:ここにロナンのツムスコアを記入。

HP:ここにロナンのHPを記入。

防御力:ここにロナンの防御力を記入。

◆ロナンのスキルについて◆

通常スキル:ここにロナンの通常スキルの説明を正確に書く。
スペシャル(SP)スキルここにロナンのスペシャル(SP)スキルの説明を正確に書く。
通常スキルの発動条件:ロナンを14コ消去して通常スキルのゲージを満タンにしてから通常スキルのゲージをタップ
スペシャル(SP)スキルの発動条件:通常スキルのゲージを満タンにしてからさらに14コロナンのツムを消去してスペシャル(SP)スキルのゲージを満タンにしてスペシャル(SP)スキルのゲージをタップ

・通常スキルのレベルアップごとの変化
レベル1:ここにロナンの通常スキルレベル1の説明を正確に書く。
レベル2:ここにロナンの通常スキルレベル2の説明を正確に書く。
レベル3:ここにロナンの通常スキルレベル3の説明を正確に書く。
レベル4:ここにロナンの通常スキルレベル4の説明を正確に書く。
レベル5:ここにロナンの通常スキルレベル5の説明を正確に書く。
レベル6:ここにロナンの通常スキルレベル6の説明を正確に書く。

・通常スキルの使い方のコツ(使いドコロ)
ここにロナンの通常スキルの使い方のコツを詳しく書く。

・スペシャル(SP)スキルのレベルアップごとの変化
レベル1:ここにロナンのスペシャル(SP)スキルレベル1の説明を正確に書く。
レベル2:ここにロナンのスペシャル(SP)スキルレベル2の説明を正確に書く。
レベル3:ここにロナンのスペシャル(SP)スキルレベル3の説明を正確に書く。
レベル4:ここにロナンのスペシャル(SP)スキルレベル4の説明を正確に書く。
レベル5:ここにロナンのスペシャル(SP)スキルレベル5の説明を正確に書く。
レベル6:ここにロナンのスペシャル(SP)スキルレベル6の説明を正確に書く。

・スペシャル(SP)スキルの使い方のコツ
ここにロナンのスペシャル(SP)スキルの使い方のコツを詳しく書く。

・通常スキルとスペシャル(SP)スキルの使い分けのコツ
ここにロナンの通常スキルとスペシャル(SP)スキルの使い分け方や使い方のコツを詳しく書く。

◆ロナンのツムを使うのがおすすめのバトル◆

VSロケット

VSスターロード

VSガモーラ

VSグルート

VSドラックス

◆ロナンの特徴、属性◆

・黒いのツム,青いツム,目が紫色のツム,手が青いツム,手があるツム,イニシャルにRがつくツム,ヴィランのツム,ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー,クリー

◆ロナンというキャラクターの説明◆

ロナンは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の実写映画第一弾ででメインヴィランとして活躍したキャラクターです。

ロナンは別名「ロナン・ザ・アキューザー=告発者ロナン」と呼ばれています。

クリー帝国のために敵の殲滅も含めてどんなことでもする狂信的なキャラクターです。

ちなみに、ロナンは英語で書くと「Ronan」なのでイニシャルにはRがつくという扱いになりますね。

◆ロナンという言葉の意味◆

ロナンという言葉にはあまり深い意味は無いようです。

◆ロナンの関連キャラクターと派生ツムの予想◆

 ・サノス

ロナンを動かしている黒幕として描かれています。

・ファンタスティック・フォー

原作ではファンタスティック・フォーのヴィランとして初登場しました。

◆ロナンのスキル予測◆

ロナンのスキルに使われそうなのは、「ハンマー型の武器コスミ・ロッドを使ってツムを消去するスキル」「ハンマー型の武器コスミ・ロッドを使ってヴィランにダメージを与えるスキル」「アーマーを使ってダメージを軽減するスキル」の3つです。

◆ロナンのヴィランキャラクターとしてのデータ◆

最大HP:2000

マジカルボムを○回当てると倒せます。
アイアンマンのスキルを○回当てると倒せます。

マジカルボムを○回、スキルを○回当てて倒すのが一番効率が良いです。

ロナンのヴィランバトル時の通常スキル:

通常スキルの発動のタイミングは○なので、○に注意しましょう。

ロナンのヴィランバトル時のスペシャル(SP)スキル:

スペシャル(SP)スキルの発動のタイミングは○なので、○に注意しましょう。

最短時間でのロナンの倒し方

 最短でもロナンを倒すのは3分かかります。(2016年4月29日時点)

◆最後に◆

リーク情報・新情報・確定情報をチェックして更新し続けますが、古くなっている情報や間違っている情報があったら指摘してください。