キャプテン・アメリカ3シビルウォーの予告編を日本語字幕版でじっくり観てみました!

『シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ』の予告をもう一度チェックしてみましょう。

この字幕で気になるのは、「なんのビジョンもなしに」というところですね。

「with no supervision」は「管理・監督なしに」というような意味でこの予告の中では「政府の監視なしに」ということだと思います。

◆予告の冒頭シーン◆


キャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース)、ファルコン(サム・ウィルソン)がウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)を見つけだしたシーンからはじまります。

このシーンは『アントマン』のエンド・クレジット・シーンの続きですね。
ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)は第二次世界大戦当時の専有であるキャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース)の母のことを語って記憶を取り戻しているアピールをしています。

ただし、ヒドラに洗脳されてひどいことをやってきたので、悪人として追われる立場です。

キャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース)は、ウィンター・ソルジャーが操られていただけで本来は善人だと知っているので助けようとします。

『アントマン』のエンド・クレジット・シーンの内容を考えると、アベンジャーズ:エイジオブウルトロンで話題になったソコヴィアでヒーローが人的被害を出したことをきっかけにできた協定のせいで、ウィンター・ソルジャーは危険人物として政府が管理するべきということになりますね。

◆ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)が改心を伝えるシーン◆

ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)が、「もう洗脳されて悪事をはたらくことはない」と宣言したことに対して、キャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース)は「俺は信じるけど、お前を捉えに来る人間は信じないぞ!俺が敵を食い止めている間に逃げろ!」と言っているようです。

そして、キャプテン・アメリカとファルコンが特殊部隊チームと戦っている間に、ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)が屋上から飛び降りて逃げるシーンがありますね!
特殊部隊チームの後ろには、新しいヴィランキャラクターのクロスボーンズが控えています。

前作の『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』にてキャプテン・アメリカを裏切って敵になって、結局倒されてしまったブロック・ラムロウが重装備のキャラクターとして復活したようです。

クロスボーンズは、特殊部隊チームの後ろをゆっくり歩いている感じとか、いろいろと前作の『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』の時のウィンター・ソルジャーとそっくりです。

やはりクロスボーンズは、ウィンター・ソルジャーに続いて、Mixiマーベルツムツムの新ツムとして2016年4月か5月には登場しそうな感じがします。

◆映画『インクレディブル・ハルク』で、ハルクを追い詰めていたロス将軍が再登場!◆

将軍というよりは、政府の重要な役人と言った感じのロス将軍が「今のヒーローたちは自分勝手で他人に迷惑もかけるビジランテ=自警団員でもあるから、政府の管理下に置かれるべきだ」というようなことを言います。

この提案に乗るかどうかで、「アイアンマンチーム」と「キャプテン・アメリカチーム」が別れるのですね。

アベンジャーズ結成時のアイアンマンとキャプテン・アメリカの姿勢の違いを思い出しますね。

アイアンマンは「命をかけてまで戦わずに応援を待つべきだ」といったのに対して、キャプテン・アメリカは「命をかけてでも一人で戦うべきだ」といってものすごい正義感を表していました。

アイアンマンは女遊びが大好きでメンタルも結構弱いタイプなので、政府の管理は歓迎しているのでしょう。

キャプテン・アメリカは、政府のことをあまり信用していなくて、自分の正義感を何より信じているようです。

◆ヒーローを監視するソコヴィア協定◆

ヒーローの危険性を伝えるロス将軍のセリフのシーンで、背景に特殊部隊員にドロップキックをするキャプテン・アメリカが写っています。

確かに、正しいと信じたことのためには、自分が所属していた機関のエージェントともすぐに戦うキャプテン・アメリカは危険人物です。

今のところは、キャプテン・アメリカの方が正しいと判明することが多いのですが...。

◆険しい表情でバイクにまたがり何処かへ向かうウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)◆

ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)はどこで何をしようとしているのでしょうか?

この直後に、ブラック・ウィドウがキャプテン・アメリカに「この件にはかかわらないほうがいい」と警告しているようなことをしにいくのでしょうか?

それとも、ウィンター・ソルジャーはただ逃げてるだけなのにたいして、政府側が無茶な方法で捉えようとしているのを止めに行くキャプテン・アメリカに「この件にはかかわらないほうがいい」と警告しているのでしょうか?

ブラック・ウィドウはアイアンマンチームで政府側の人間だと思われますが、前作映画で「キャプテン・アメリカ2ウィンター・ソルジャー」で仲間意識を持ったキャプテン・アメリカのこともかなり気にかけているようですね。

◆キャプテン・アメリカが盾をしまうシーンの意味は?◆

特殊部隊チームに銃を向けられて戦う気満々のはずのキャプテン・アメリカが盾をしまったのはなぜでしょうか?

なんらかの説得を受けて納得したのでしょうか?

一旦しまって戦わないふりをして戦うのでしょうか?

◆キャプテン・アメリカとアイアンマンの顔合わせシーンの意味は?◆

アイアンマンは、キャプテン・アメリカと会うシーンで右目にあざがあります。

誰かと戦ってきたようですが、ドアをこじ開けたシーンを先にいたキャラクターの可能性が高いですね!

ウィンター・ソルジャーと戦って怪我をしたのでしょうか?

怪我をしているアイアンマンよりは、キャプテン・アメリカが警戒しているのがよくわかりますね。

アイアンマンが「なんでそんなに警戒しているんだ?」といったのに対して、キャプテン・アメリカ「今日はいろいろあったから」と返しています。

◆ファルコンとキャプテン・アメリカが敵と対面◆


人混みの中でキャプテン・アメリカ&ファルコンコンビと対面している、いかにも政府の権力者風の男は、『アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン』で、ウルトロンに片腕にされた武器商人が電話で話していた"首相"だという説もあります。

ファルコンの翼マシーンのデザインはより原作に近い派手なものにバージョンアップされていますね!

そういえば、ファルコンの翼マシーンはキャプテン・アメリカ2でウィンター・ソルジャーに破壊されていましたね!

キャプテン・アメリカに「政府を敵に回しているけど、お前はどうする?」と聞かれたファルコンは、「だいたいお前に銃を打つ奴は、俺にも撃ってくる」という表現で一緒に戦うという表名を指定ますね。

◆ついにブラック・パンサーがマーベル・シネマティック・ユニバースに登場!◆


ブラック・パンサーの登場シーンはやっぱりかっこいいですね!

主にウィンター・ソルジャーと戦っているので、素手での戦闘が得意なキャラクターだと思われます。

キャプテン・アメリカにおっかけられて逃げているシーンでは、おそらくウィンター・ソルジャーを追っかけているのではないかと思われます。

◆ブラック・ウィドウとキャプテン・アメリカ◆

ブラック・ウィドウが「これからどうなるかわかってるの?」「力づくで全ての邪魔者を排除するの?」と聞いています。

その直後に、キャプテン・アメリカがなんかしらのビルに窓から無理やり進入するシーンが描かれます。

そして、ブラック・ウィドウがキャプテン・アメリカに警告したことが現実になるようなチームキャプテン・アメリカとチームアイアンマンの対面シーンが来ます。

◆キャプテン・アメリカチームが勢揃い◆

ホーク・アイ、スカーレットウィッチ(ワンダ・マキシモフ)、キャプテン・アメリカ、ウィンター・ソルジャーが並んでいます。

ファルコンは、右側にいるのか、別のとこにいるのかわかりませんが、この4人とファルコンがチームキャプテン・アメリカの主要メンバーです。

◆アイアンマンとウォーマシーンの飛行シーン◆

アイアンマンとウォーマシーンが二人で何かを目指して飛んでいっています。

さすがに、アイアンマンとウォーマシーンの二人を相手にできる人はいないと思います。

しかし、ファルコンとかスカーレットウィッチ(ワンダ・マキシモフ)が飛行能力があるので、空中戦も期待できますね!

◆キャプテン・アメリカチームとアイアンマンチームの戦闘シーン◆

ミサイルが乱れ飛んでいるのはウォーマシーンとアイアンマンの攻撃によるものでしょうか?

ブラック・パンサーがウィンター・ソルジャーの顔面を蹴ってふっ飛ばしていますね。

ブラック・ウィドウがホーク・アイに絡みつくような体術で攻撃しています。

キャプテン・アメリカとブラック・パンサーとウィンター・ソルジャーの走行シーンがありますが、みんな車よりも速そうです!

◆アイアンマンVSキャプテン・アメリカ&ウィンター・ソルジャー◆

キャプテン・アメリカの「ウィンター・ソルジャーは俺の友だちなんだ」に対して、アイアンマンが「俺も友だちだっただろう」というシーンは切ないですね。

ウィンター・ソルジャーとキャプテン・アメリカに全力でボコられるアイアンマンも可哀想です。

キャプテン・アメリカは特にアイアンマンの強さを知っているので、ものすごい表情で自分の限界を超える力で殴り続けているようです。

気持ち的にも肉体的にも辛そうなキャプテン・アメリカの表情も切ないですね。

◆ウォーマシーンがやられた!◆

ボロボロのアイアンマンが「なんてことするんだ」という雰囲気で近くにいるので、キャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャーにやられた可能性が高いですね。

ウォーマシーンは飛行能力も会って強いですから、スカーレットウィッチ(ワンダ・マキシモフ)とかにやられて落ちてきたところをキャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャーにやられたかんじでしょうか?